×
検索
Menu
ホーム > ニュース > お知らせ > 沖縄県からJリーグ入りを目指す沖縄SV(エスファウ) TOPチーム・アカデミー選手のコンディションをクラウドサービスで管理

ピックアップ

沖縄県からJリーグ入りを目指す沖縄SV(エスファウ) TOPチーム・アカデミー選手のコンディションをクラウドサービスで管理

沖縄SV株式会社(本社:沖縄県、代表取締役:高原直泰)は、2017年9月よりCLIMB Factory株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:馬渕浩幸)が提供する選手管理システム『Atleta(アトレータ)』を導入し、サプライヤー契約を締結しました。

 選手の体調や睡眠時間、食事、練習の内容など、日々のコンディションを記録し管理する習慣を身につけることで、選手の自己管理能力を高め効率的な成長をサポートし、選手が最高のパフォーマンスを発揮できる未来の実現を目指します。この度のサプライヤーを皮切りに、沖縄SVトップチームをはじめ沖縄SVアカデミーへの展開を予定しています。

■沖縄SV代表兼監督 高原直泰氏コメント

僕自身これまで様々な国でプレーをしてきて、常に自分の体調管理にはとても気を遣ってきました。それぞれの環境に適応し、高いパフォーマンスを発揮するためには、自分でコンディション管理できる力が 必要だと強く感じてきました。沖縄SVの選手たちには、土台となる体づくりに関してもプロ意識をもってもらいたい、自らコンディション管理の重要性に気付いてもらいたい、そういう想いから今回CLIMB Factoryの『Atleta』を導入することを決めました。また育成年代にこそこういった考えを浸透させていくべきだと思い、ジュニアユースへも導入させていただくこととなりました。

■沖縄SV(エスファウ)クラブ紹介
沖縄SVはサッカー元日本代表の高原直泰氏が2015年12月に沖縄県を拠点に設立したサッカーを中心としたスポーツクラブです。2016年の1年目では、チームは沖縄県3部リーグで優勝、全国社会人選手権沖縄県大会優勝、九州予選も突破し、全国大会に出場。2年目となる今年は、飛び級で昇格した沖縄県1部での優勝はもちろんのこと、全国社会人選手権、地域リーグ決勝大会を突破し、一日も早いJFL昇格、そして将来のJリーグ入りを目指します。また、チームの活動はサッカー以外にも広がり、高原を中心に沖縄(地域産業)との協働事業や、本島・離島におけるサッカースクール、美化活動やイベントへの積極的な参加による地域貢献など、1年目には、様々なことに挑戦。2017年は、Jリーグへの昇格を最速で目指すと共に、サッカーならびにスポーツを通じ、沖縄への貢献度(地域創生)を、さらに強めていく予定です。

 

【本件に関する問い合わせ先】
CLIMB Factory株式会社
ブランディング部 宮本・関谷
電話:03-5333-6577
Mail:info@climbfactory.com