CLIMB Factoryはスポーツやヘルスケア分野の問題をITと統計学で科学する、ITソリューションカンパニーです

NEWS お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. 2017年
  4. 【interview】旭川龍谷高等学校陸上競技部 植田真央選手・幸谷玲弥選手が語る『CLIMB DB』活用法

2017年07月26日

【interview】旭川龍谷高等学校陸上競技部 植田真央選手・幸谷玲弥選手が語る『CLIMB DB』活用法

 

 

■植田真央(3年) 

 

――旭川龍谷高等学校陸上部はどんなチームでしょうか?

 「笑顔・感謝の気持ち・コミュニケーション」を大切にし、全国トップレベルを目指して、一人ひとりが高い意識を持って、練習に取り組んでいるチームです。

――『CLIMB DB』を使った感想を聞かせてください。 

以前は練習ノートに記入していた項目を、スマートフォンのアプリを使って、いつでも、どこでも入力できるので便利です。入力する項目もたくさんあって、起床・練習時の心拍数、体重、練習時の温度、睡眠時間、食欲、トレーニングデータ、ケガのチェックなどの項目を活用しています。 

――『CLIMB DB』を使うことで、どのような効果を感じていますか? 

体調や体重などがグラフで表示されるので、以前よりも自分の心や体の状態を細かく知ることができるようになり、自分自身と向き合えるようになりました。また、日々の練習を、その日できる100%の力で取り組めるようになってきたと思います。 

――日常生活で意識するようになったことはありますか? 

睡眠時間を大切にするようになりました。自分に適した睡眠時間などのアドバイスも表示されるので、日々最高の体調で練習が行えるように、睡眠時間は意識しています。 

――『CLIMB DB』の導入前後で、監督やスタッフとのコミュニケーションに変化はありましたか? 

私は、体の不調やケガなどがあっても、監督やコーチに直接相談することが苦手でした。でも『CLIMB DB』を利用することで、面と向かって言わなくても、アプリに入力したデータを見ることでわかってくれるようになり、監督たちから声をかけてくれるようになりました。以前と比べて、監督やコーチとコミュニケーションをとれるようになったと強く実感しています。 

――コンディション管理に、スマホやITを導入した感想を聞かせてください。 

短時間で自分の状態を細かく、詳しく記入できますし、チーム皆でつながり、共有できることによってコミュニケーションの輪も広がって良いと思います! これから、もっとうまく『CLIMB DB』を活用し、さらなるパフォーマンスの向上を目指したいです。 

――今後の目標を教えてください。 

個人としてはインターハイに出て、決勝に進出することと、全国高校駅伝で主力メンバーとして走ることです。チームの目標は北海道勢初の都大路1時間9分台突入です。一人ひとりが全国トップレベルを目指し、歴代最強チームになりたいです! 

 

■幸谷玲弥(3年) 

 P1030344.JPG

 

――旭川龍谷高等学校陸上部はどんなチームでしょうか? 

1年生から3年生まで仲が良く、会話が多いチームです。練習のときはしっかりと切り替えて、陸上のことになると、みんな負けず嫌いになります。 

――『CLIMB DB』を使った感想を聞かせてください。

グラフを使ってひと目で体重の変化がわかるので、体重管理がしやすいです。練習時の心拍数もデータとして表示されるので、追い込み度を比較しやすく、一流選手になった気分になります。普段は体調、体重、練習時の気温、睡眠、食欲などのコンディション機能に加えて、陸上(長距離)選手に大切な血液情報、故障部位などのメディカル機能も使用しています。 

――『CLIMB DB』を使うことで、どのような効果を感じていますか? 

体重、体調、睡眠をデータでわかりやすく見ることができるので、自己管理がしやすくなりました。心拍数もグラフで表示されるので、練習時の比較がしやすく、より質の高い練習を求めるようになりました。日常生活では、以前より起床・就寝の睡眠時間を意識するようになったと思います。セルフコンディショニングを行うことで、常に良い状態を保つことができているので、日々100%の状態で練習に取り組めるようになりました。 

――監督やスタッフとのコミュニケーションに変化はありましたか? 

故障した部位や気になることなどを入力すると、アドバイスがもらえます。以前より共通認識が深まり、コミュニケーションが増えたと思います。 

――コンディション管理にスマホやITを導入した感想を聞かせてください。 

いつでもすぐに入力ができて、コンディションがデータとなって表示されるため、セルフコンディショニングがしやすいと思います。 

――今後の目標を教えてください。 

個人としては男子の長距離初となるインターハイ出場と5000メートル14分台の記録を出すことです。チームとしては、北海道勢初の1時間9分台突入を目指しています。この学年でこれから先、更新できない歴史をつくり、史上最強のチームになりたいです! 

 

CLIMB Factoryはスポーツやヘルスケア分野の問題をITと統計学で科学する、ITソリューションカンパニーです

PAGE TOP