MENU
検索

導入事例

茨城県立水戸商業高等学校 サッカー部

キャプテン・大槻海偉選手が語る『Atleta』活用法

―コンディショニングはもはや“当たり前”。チームで体を強くして、いざ全国へ!


Q.キャプテンとして大切にしていることを教えて下さい
└常に良い雰囲気で練習や試合が行えるように、積極的に声をかけることを意識しています。人数の多いチームなので後輩まで注意を向けるためには、2人の副キャプテンやそれ以外の3年生が支えてくれます。
試合中に雰囲気が悪くなってしまうと、そのイライラが伝染してチームが崩れていってしまい、失点にもつながってしまうので、キャプテンとしてそういった状態にならないように気を付けています。

Q.コンディショニングに関して意識していることはありますか?
└日頃から、試合前の食事やストレッチには気を付けていました。
特に食事は重くならないように、家族にも協力してもらいながら工夫しています。試合前はお肉や揚げ物は控え、うどんやパスタを中心とした食事をとるように心掛けています。
食事や栄養素に関しては、年に2、3回 企業の方が開いてくれる栄養講習会で学んでいます。そこで水戸商業高校サッカー部を対象に、食事の仕方やバランスの良い食事について教えてくれるのでとても助かっています。そうやって直接教えてもらえる場があるので、僕自身は食事の取り方などに関してネットやSNSなどで情報収集することはあまりないですね。

Q. 『Atleta』の活用法を教えてください
└『Atleta』は1年生の頃から既に導入されていたので、特に抵抗なく受け入れることができました。
中学生の頃はプロクラブの下部組織にいて、その頃から体重管理や食事の栄養素については意識するようチームから言われていたので、スポーツにおいてこういった管理があるということは以前から理解できていました。
『Atleta』の中でよく使う機能としては「連絡ボード」が一番有効活用できていると思います。監督から送られてくる練習内容なども確認して、自身のスケジュールを考えられています。
また、『Atleta』に記録する項目は特に決められておらず、選手個人で行っているのですが、個人的に入力しているのは「目標体重」「体重」「睡眠時間」「コンディション」「食事内容」です。その中でも一番変化を感じるのは体重です。グラフで推移を見ることができるので、体重が上がっていくのがわかりやすく、そういったときは嬉しいですね。

大槻海偉(おおつきかい)選手 高校3年生

Q.キャプテンが思うチームの特徴と、今後の目標を教えてください。
└僕たちのチームは飛びぬけて上手い選手がいるわけでありませんが、全体で団結して一つのチームになって戦えているのだと思います。学年の壁もあまりなく、仲の良さが特徴ですね。
人数が多い分レギュラー争いは熾烈ではありますが、プレー中とそれ以外の時間の切り替えを各自が上手に行って、良い雰囲気づくりを維持しています。
インターハイについては、水戸商業高校サッカー部としては8年ぶり。自分たちにとっては初めての全国の舞台なので、まず初戦に勝って、その後一つ一つの試合を大切に、しっかり戦って勝てたらと思います。

サッカー部監督・佐藤 誠一郎氏が語る『Atleta』活用法はこちら!
http://www.climbfactory.com/result/case/3168/