MENU
検索

導入事例

熊本県立熊本商業高等学校 女子バスケットボール部

キャプテン・岩下 千優選手が語る『Atleta』活用法

―『Atleta』によって食事の量と質を改善!チーム一丸で体をつくり、全国へ。


Q.キャプテンとして大切にしていることを教えて下さい
└チーム状況(戦績)が悪いときにはそれを立て直すのが大変なので、日頃からの声かけを大切にしています。また、ゲームに直結するようなレベルの高い練習になるよう心がけ、誰が試合に出てもゲームを引っ張れるようなチームにしたいと考えています。

Q.『Atleta』の活用法と、コンディション管理を取り入れて感じた変化を教えてください
└中学生の頃は食事やケガについてあまり意識していませんでしたが、1年生の夏から『Atleta』の利用を始めて、それがきっかけで食事のバランスや白ご飯の量を気にするようになりました。食事については親にも注意してもらっていて、特にご飯(米)を食べて体を大きくすることを意識しています。
『Atleta』を使う前はバスケノート(紙)に日々の練習や睡眠時間、食事内容を細かく記入していたので、スマホアプリで出来るようになって負担が減りました。他の部員たちも、ノートからアプリに切り替わることについては抵抗がなかったように思います。アプリにはスケジュールを確認できる機能があるので、日々の練習メニューを確認するのにも役立っています。
チームの決め事として、コンディション記録のコメント欄に、今日の練習の反省点や明日頑張りたいことを全員記録するようにしています。『Atleta』に記載した内容は、先生は勿論、マネージャーも確認してくれていますので、コンディション登録の時間が遅いときなどはマネージャーから注意があったりもします。細かいサポートがあって頼もしいですね。
『Atleta』でのコンディション管理が習慣化して、チーム全体としても、食事の量・質に変化がありました。当初はパン食がメインだった選手も、ご飯を食べて体づくりを意識し始めています。
また、アプリ以外の取り組みとして、外部のトレーニングコーチによって週に1度効果的なストレッチやトレーニング方法を学んでいます。インターネットなのでトレーニングの情報は色々と得られますが、私たちはコーチから直接学ぶことが多いですね。また、栄養素については母親も管理してくれるので助かっています。

Q.今後の目標を教えてください
└10月から予選が始まるウインターカップに出場することです。全国で戦いたいです!

 

監督・薮崎 史氏が語る『Atleta』活用法はこちら!
http://www.climbfactory.com/result/case/3279/