Atleta通信

2018.12.05

食事登録機能の効果的な使い方について

食事検索のコツ & メニュー数追加

目次

各国料理カテゴリー検索

料理名検索の際に「イタリア料理」や「タイ料理」などと検索を行うことで、代表的な料理名のリストが表示されます。

check_greenポイント

特定の国の料理を食べる機会が多い方や、“イタリアン”“韓国料理”などのジャンルは分かっていても、料理名まで分からない場合などは、登録のヒントになるので、ぜひ活用してみてください。

例:「中華料理」と検索

中華料理にカテゴリー分けされた料理が94件表示(一度に登録可能です)

✔検索可能な料理名の一例

中華料理、アメリカ料理、フランス料理、

イタリア料理、タイ料理、韓国料理、

ドイツ料理、スペイン料理、ブラジル料理、

ベトナム料理、トルコ料理、イギリス料理、

インドネシア料理 など

イベント料理検索

イベントごとによく食べられる料理は、そのイベント名から検索できます。

check_greenポイント

「クリスマス」や「大晦日」などの季節のイベント料理の時などはぜひ活用してみてください。

例:「お節」と検索

「お節」にカテゴリー分けされた料理を32件表示(一度に登録可能です)

✔検索可能なイベントの一例

お花見、お月見、節分、土用丑の日、

ハロウィーン、冬至、縁日 など

定食検索

定食のメニューを一品ずつ検索で登録するのが面倒な場合、「○○定食」と検索してみましょう。

check_greenポイント

その定食メニューに含まれる一般的な小鉢や副菜なども一緒に検索できるので、入力の手間を省くことができます。

例:「ハンバーグ定食」と検索

ハンバーグの付け合わせや副菜の候補としていくつかの食品が検索に表示されます。

✔検索可能な定食の一例
エビフライ定食、唐揚定食、天ぷら定食、
麻婆豆腐定食、酢豚定食、煮魚定食 など

おすすめ関連記事

article
食事記録が楽になる!Myメニュー機能の使い方
食事をまとめて記録できる機能です。
例えば、「ご飯、お味噌汁、納豆」など頻繁に食べる食品の組み合わせがある場合や、プロテインやサプリなど毎回同じ量を飲んでいるものがあれば、Myメニューとして登録...
>続きを見る