Atleta通信

2018.11.26

ご飯・炭水化物ってなんで大切なの?

エネルギーの大切さについて理解しよう

目次

運動に必要なエネルギーの大部分はご飯などの炭水化物から摂取できます。
普段食べているご飯の量がどのくらいか知っていますか?

運動に必要な3大栄養素とは?

運動に必要なエネルギーは、炭水化物・タンパク質・脂質からできます。
特に、炭水化物が最も効率よく消費されるため、重要と言われています。

炭水化物はどんな食事でとれるの?

blank image

ご飯、パン、麺類、餅、芋、バナナなどから摂取できます。

炭水化物を十分とるとどんな効果があるの?

筋肉を動かすエネルギー源となり、集中力が保たれ、疲労を感じるタイミングが遅くなるなどトレーニング効果が高くなります。

普段食べているご飯の量を確認してみよう!

量を正確に入力できると、記録の精度がぐっと上がります!

ご飯の量を改めて確認して、『Atleta』で正しく食事記録ができるようにしましょう。

今回使用した普通茶碗の大きさ

ご飯1人前って何グラムなの?

下のご飯の写真を見て、自分はどのくらいの量に近いか見比べてみましょう。

blank image

blank image

blank image

炭水化物を豊富に含む食べ物ってなに?

ご飯以外にも炭水化物を含む食べ物はたくさんあります。

どのくらいのエネルギーが摂取できるのかもあわせて紹介します。

blank image

消化が早いのですぐにエネルギーになる

blank image

菓子パンには脂質や砂糖由来の糖分がたっぷりなので控えたほうが無難

blank image

クリームパスタやペペロンチーノなど油が多いパスタには注意

blank image

カリウムも豊富で、間食におすすめ

blank image

ご飯と比べて35%も炭水化物(糖質)が豊富
特に持久力競技におすすめ

blank image

その他、サツマイモ、サトイモなどイモ類は炭水化物が豊富

check_greenポイント

摂取した炭水化物(糖質)をエネルギーに変換する働きのあるビタミンB群(豚肉や豆類に多く含まれる)を一緒に摂取することがとても重要です。

おすすめ関連記事

article
必要な食事量を知ってパフォーマンスをUPさせよう
アスリートに必要な1日のエネルギーは体格や専門競技によって変わります。自分の体格や競技から算出してみましょう。なぜ自分の摂取エネルギー量を知る必要があるの? ...
>続きを見る
article
食事記録が楽になる”Myメニュー機能”の使い方!
”Myメニュー機能”は、食事をまとめて記録できる機能です。例えば、「ご飯、お味噌汁、納豆」など頻繁に食べる食品の組み合わせがある場合...
>続きを見る