Atleta通信

2021.06.03

【機能紹介】疲労度を記録して、ケガやパフォーマンスの低下を予防しよう

コンディション:肉体的・精神的な疲労度

目次

肉体的・精神的な疲労度を記録しておくことで

など日々のコンディション把握に役立ちます。

しかし選手によって感じ方が異なるため数値がバラバラ、と上手くチェックできていないチームもあるかもしれません。今回は疲労度の記録ポイントとチェック方法をご紹介します!

「肉体的・精神的な疲労度」記録時のポイント

check_greenポイント

疲労度の基準レベルをチームで設けるのがおすすめです!

基準を設けることで、選手との認識齟齬を減らすことが出来たり、一覧でチェックしやすくなります。

blank image

疲労度のレベル設定例

コンディション比較で一覧で確認しよう

アプリで日々チェックされる方は「コンディション比較」機能がおすすめです。疲労度を昇降順で簡単にチェックすることができます。

blank image

5月31日の数値を表示したものです。

まとめて管理で他のコンディション項目と並列してチェックしよう

PCやタブレットで日々チェックをされる方は「まとめて管理」機能がおすすめです。
他のコンディション項目と並列して確認したり、昇降順でチェックすることができます。

blank image

▼ボタンを押すと、昇降順に並び変わります。

article
まとめて管理の設定はこちらから
まとめて管理で表示する項目を設定しましょう
>続きを見る

コンディショングラフで疲労度の波を確認しよう

blank image

コンディショングラフで疲労度の波を確認できます。

article
コンディショングラフの使い方はこちら
コンディショングラフで疲労度の波を確認できます。
>続きを見る

レポートで「疲労度×睡眠時間」を確認しよう

Atletaに記録した肉体的・精神的な疲労度と睡眠時間を集計してレポートとして出力することが可能です。

詳細は>続きを見るからご覧ください。

article
レポートの詳細はこちらから
疲労度と睡眠時間のデータを集計して、レポートを出力することが可能です。
>続きを見る
check_greenポイント

日々の記録を

・自分で集計、分析することが難しい

・集計する時間がない方

におすすめです。1か月単位でレポートを使って振り返りmtgを行っているチームが多いですよ。