Atleta通信

2018.11.28

栄養フルコース型の食事とは

食事バランスの整え方を知ろう

目次

1日の摂取エネルギーの量を踏まえた上で、食事のバランスを整えることがとても重要です。
そのために、まずは「栄養フルコース型」の食事を理解しましょう。

栄養フルコース型の食事とは

1食でほぼすべての栄養素を補える食事

主食・主菜・牛乳/乳製品・副菜・果物の5つの料理グループを摂取することを栄養フルコース型と呼びます。
それぞれの料理グループを摂取することで「バランスの良い食事」に近づけることが可能です。

blank image

主に「炭水化物」が含まれています。

blank image

主に「たんぱく質」が含まれています。

blank image

主に「ビタミン」「ミネラル」が含まれています。

5つの料理グループをどれくらい摂取するのが良いの?

STEP1:自分に必要な食事量の目安を算出

Atleta通信Vol.3で算出した、自分に必要なエネルギー摂取量に応じて、食べるべき料理グループの量の目安を確認しましょう。

blank image

STEP2:料理グループに入る食品とその量を理解する

それぞれの料理グループに属する料理にどんなものがあるか知りましょう。
また、「1つ」の目安量もここで確認しましょう。

(農林水産省 食事バランスガイドより改変)

blank image

blank image

blank image

blank image

blank image

STEP3 自分の最近の食事を振り返りましょう

Atletaの食事記録を見ながら、自分の食事バランスを評価してみましょう。

例)A選手(目安エネルギー2760kcal)の1日の食事
avatar A選手

理想の食事量と実際の食事量の差

blank image

blank image

blank image

blank image

blank image

A選手は、理想に比べて「主食」「牛乳・乳製品」「果物」が足りないです。
間食でお菓子などをとるのでなく、おにぎり・ヨーグルト・果物などを摂取できればバランスが整います。

自分の食事をチェックしてみよう!

以下の傾向に当てはまる場合、不足している料理グループがある可能性があります。
下のチェックリストを確認してみましょう!
不足している料理グループを、意識して摂取してみてくださいね。

blank image

check_greenポイント

食事の写真を見て大まかに判断することもできます。

まずは主食、主菜、副菜、乳製品、果物の5グループを1日1回は必ず食べられるように意識するだけでも、バランスがぐんと整います!

おすすめ関連記事

article
必要な食事量を知ってパフォーマンスをUPさせよう
アスリートに必要な1日のエネルギーは体格や専門競技によって変わります。
自分の体格や競技から算出してみましょう。
>続きを見る