MENU

CLIMB Factory(クライムファクトリー)

検索

導入事例

ヴィクトリーナ姫路

Atletaを活用し、さらに上へ!

ヴィクトリーナ姫路 キャプテン河合由貴選手

ヴィクトリーナ姫路、キャプテン・河合由貴選手

 

今まで以上に自分の体により目を向けるように


Q:Atleta(アトレータ)を使用した感想を教えてください。
└選手が入力したデータを、チーム全員とスタッフが共有できるのが良い点だと思います。主に使っているのはスケジュールや健康管理、食事についてです。入力しているのは朝起きたときの体温、就寝時間、起床時間、練習の強度、疲労度などです。食事も自分で作った時は、すぐに写真を撮って入力しています。

Q:食事を記録することによって、変わったことはありますか?
└バランスを考えて作ろうと思うようになりました。以前も考えていなかったわけではないのですが、写真を撮って見られるということで、お皿を置く位置なども気にしています(笑)

Q:Atletaに入力するデータを介して、監督やトレーナーとコミュニケーションをとることはありますか?
└はい。トレーナーさんからは「この料理にこの食材を入れると、味が変わるし栄養も摂れるよ」などのアドバイスをいただいています。体重の増減に関しても、知識がない若い選手には、食事面からのアドバイスもあるようです。
ヴィクトリーナ姫路、キャプテン・河合由貴選手

Q:Atletaの導入前と後で変わったと感じることはありますか?
└食事のバランスを考えることになったことと、毎日体温を計るようになりました。おかげで、自分の体により目を向けるようになったと思います。ケガや体の痛みに関しては、私は我慢する方なのですが、一度すごく痛い時があって、そのときはAtletaに入力をして、練習量を減らしてもらいました。

Q:痛みについて、トレーナーさんとAtletaを介してやり取りをすることはありますか?
└はい。体調を入力するところにコメントを書く欄があるので、治療に行った時はこういう症状でこういう治療をしてもらいましたと書きました。以前はトレーナーに会ったときに口頭で伝えたり、たまにLINEで送る時もありますが、いまはAtletaに書いておけばスタッフが見てくれるので、共有がしやすくなりました。

Q:Atletaのデータを監督やトレーナーが見ているなと実感することはありますか?
└以前、私が朝ご飯の写真を載せたときに、写真を撮るのを忘れて、ひと口かじったパンを載せたことがあったんですね。そうしたら「おもしろい写真を送ってきたねー」と言われて、ちゃんと見てるんだと思いました(笑)。見られていると思うと、ちゃんとやらないとという気持ちになりますよね。

Q:最後に、チームの目標を教えてください。
└12月に皇后杯があるのですが、このチームで出場する全国大会は初めてなので、まずはそこで自分たちがどのぐらいできるか、挑戦したいです。さらに来年の1月からリーグ戦が始まるので、そこで勝つことを目標にやっていきたいと思います。リーグ戦に向けてコンディションも重要になってくると思うので、Atletaを活用して、ケガの予防や食事の内容にもさらに目を向けていきたいと思います。

竹下佳江監督のインタビュー【Atletaでメンタルケアも】はこちら!
http://www.climbfactory.com/result/case/2038/

宇佐美聡菜メディカルトレーナーインタビュー【Atletaで少しの変化も見逃さない!】はこちら!
http://www.climbfactory.com/result/case/3808/